平屋・別荘・自然素材リフォームの間取りと費用 那須塩原・日光・那須町

TOPページへ戻るお問い合わせ電話番号
トップページへ戻る
自然素材・エコ:お問合せ・無料相談 自然素材・エコ:イベント・セミナー情報 自然素材・エコ:小冊子プレゼント 木の城通信 お申し込み 省エネ 自然素材 エコリフォーム 断熱改修のすすめ ブログ
施工エリア

栃木県
那須塩原市,日光市,矢板市,大田原市,鹿沼市,さくら市,宇都宮市,佐野市,足利市,栃木市,小山市,下野市,真岡市,那須烏山市,塩谷町,那須町,那珂川町,上河内町,河内町,高根沢町,芳賀町,市見町,益子町,上三川町,壬生町,西方町,都賀町

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
栃木県で断熱改修をお考えの方に参考にしてほしいこと。

宇都宮市・断熱改修
壁内や天井、床下での結露を発生させないことが大切。
冬暖房時に室内の水蒸気は壁などの透湿素材や隙間から
外部に移動しようとします。

壁の外側に行くにしたがって冷やされて露点に達すると
水滴になり結露が発生します。

壁内等で結露を起こさないためには、
室内側に湿気を通しにくい(透湿抵抗)素材を使用し
外部側に湿気を通しやすい素材を使用します。

防湿・気密層
結露は温度の低いところに湿気が滞留すると発生します。

室内側に防湿層(防湿フィルム)を設けることで
壁・天井・床内に湿気が侵入することを防ぎ
結露の発生を防止出来ます。

外張り断熱・防湿層
外張り断熱の場合は防湿層を設けない場合が多いようです。

発泡スチロール系断熱材はグラスウールなどより透湿抵抗が高いという理由からです。
発泡系の断熱材でも湿気を通さないわけではありません。

透湿抵抗

グラスウール・ロックウール100mm  1.25
石膏ボード 9ミリ          0.78
発泡系断熱材 50ミリ        30~40
ポリエチレンシート 0.1mm         452
透湿防水シート 0.2mm        0.08
合板 9ミリ               1.3
サイデイング                7.0 

外壁に透湿抵抗の高い素材を使用する場合は必ず通気層が必要です。
通気層は熱を逃がすためではなく、湿気を外部に放出させる為に設置します。

栃木県断熱改修結露対策リフォームは木の城工房へご相談ください。
TEL 0287-45-0227 上野まで
メールはこちら。






リフォーム施工例
小冊子プレゼントお問合せ・無料相談

提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所